投資

【3分解説シリーズ】投資とは?専門用語ゼロで種類とリスクを簡単解説!

  • 投資について調べたいけど専門用語ばっかで難しい…
  • 投資にはどういう種類があるんだろう?
  • 投資をしてみたいけど危なくないの?
なめくじ

こんな疑問を解決する記事です

著者紹介:投資歴2年/つみたてNISA/米国ETF/日本個別株/仮想通貨に投資中

投資経験も金融業界での勤務経験も無い私が独学で投資を勉強した結果、利益を出しつつ投資ブログを書くまでになりました。

初心者が専門用語だらけの本やブログ記事を読むのがしんどいのは身をもって経験していますので、専門用語無しで簡単に投資についてまとめます

本記事を読み終わる頃には投資の意味と種類を把握し、自分に投資が向いているかどうかが分かるようになります。

では見て行きましょう!

投資ってなんなの?

投資とは「資産を使って資産を増やす行為」を指します。

お金にお金を生ませるとも表現されますね。

貯金をしているだけでは給料以上に資産を増やすことはできませんが、投資を併用すれば給料以外にもお金が生み出すお金が得られるので資産形成が加速します。

投資は資産形成のブースターとも言えます。

月々5万円を貯金(年利0.001%)するのに比べ、同額を投資に回した場合は20年間(年利5%)で何と855万円も最終資産が多くなります!

投資の種類

さてボードゲームには「チェス」、「将棋」、「オセロ」などがあるように、投資にも色々な種類があります。

これらの投資は運用していく上で必要な知識や経験が違います

その中でも中身が比較的共通しているものは画像の左側に並べました。

左側をボードゲームとすると、右側は「UNO」や「ジェンガ」くらいやることがバラバラです。

投資するといってもこれらを全て網羅する必要はありません。

つみたてNISAだけするのもれっきとした投資です。

投資のリスク

投資というのは貯金と違って資産が減るリスクがあるのは事実です。

昨日銀行に預けた1万円が今日5000円になってたら暴動が起きますが、投資の世界ではそれが起き得ます。

逆に今日の5000円が明日1万円になっているかもしれないのもまた投資ですが、残念ながらその未来がいつ来るかは神様しか知りません。

なめくじ

必ず儲かる投資法と喧伝しているものは情報商材ビジネスだったりポンジスキームという詐欺です

投資にはどれくらいのリスクがあるの?

実際投資にはどれくらいのリスクがあるのか気になるところですよね。

確かに極端な話、危険な投資をしたら最悪数百万円〜数千万円を失うこともあります。

投資で大事なのは自分が抱え込めるリスクの限界を知ること。

限界を知って投資すれば、人生が破滅することは有りません。

ちなみに金融庁が公表しているデータによれば20年間の長期投資で元本割れはありません。

金融庁資料より引用

投資別のリスクとリターン

投資にはローリスクハイリターンなんて美味い話は基本的にありません。

図を見て分かる通り、それぞれのリターンに見合ったリスクが有ります。

強いて言えばつみたてNISAやiDeCoのような長期積立投資がローリスクハイリターンに近いですが、その分私達の大事な時間という資産を15-30年単位で消費します。

なめくじ

重ねてお伝えしますが、投資に美味い話はありません。投資家は全員大切な資産が削れる恐怖を乗り越えて投資をしています

投資の種類ごとにリスクとリターンは違います。

更に言えば取引手法でもそれらは大きく変化します。

投資が危険というイメージがついて回るのは、”1万円しか持っていないのに25万円分の取引をする”みたいな手法で生計を立てるギャンブラーが多くいるせいです。

その取引手法自体は否定しませんが、そうではなく自分が取れるリスクの限界を把握して取引すればもっと安全な投資が可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

投資の種類とそのリスクは様々であることがご理解いただけたかと思います。

本記事を読んで「自分には投資は向いていないな」と感じたら、その感覚は大事にすべきです。

もし投資に興味が湧いてくるようでしたら、まずは証券口座を開いてみましょう!

口座を開く証券会社の選び方はこちらの記事を参考にしてください!

他の人気ブログを読む↓

にほんブログ村 投資ブログ 投資初心者へ
にほんブログ村
ABOUT ME
なめくじ
なめくじです!2021年に起業して年商2,200万円達成。2020年からの投資270万円で60万円の含み益を出しています。