節約

楽天キャッシュで月最大2500Pゲット!楽天ペイやEdyと徹底比較!

  • 楽天キャッシュって何?
  • 楽天キャッシュはどこで使えるの?
  • 楽天Edyや楽天Payとは何が違うの?
  • 楽天キャッシュと楽天Edyはどっちがお得なの?
なめくじ

こんな疑問を解決する記事です

著者紹介:投資歴2年/つみたてNISA/米国ETF/日本個別株/仮想通貨に投資中

2022年6月から楽天証券での投信積立での決済にも利用可能となる楽天キャッシュ。

楽天経済圏で過ごしていると、知ってて当たり前かのように『楽天キャッシュ』の名前が出ます。

しかしその実態は何なのでしょうか?

そして楽天キャッシュの使い道とそのお得さはどれほどのものなのでしょうか?

本記事を読めば楽天キャッシュについて理解が深まり、さらにお得に楽天経済圏を利用できるようになります。

ぜひ最後までお読みください。

結論

  • 楽天キャッシュと楽天Edyは別系統の電子プリペイドカード
  • 楽天キャッシュと楽天Edyの併用は不可能
  • 「月10万円のキャッシュ決済で2,500Pゲット、以降はEdy決済」が最得

楽天キャッシュとは何?

お買い物や旅行などに使える便利なオンライン電子マネー

楽天銀行より引用
楽天ユーザー

分かるような分からんような…

もっと簡単に説明すると、楽天キャッシュとは電子プリペイドカードです。

プリペイドカードで有名と言えば『Suica』や『PASMO』といった交通系カード(実物)ですよね。

交通系カードは、駅で現金をチャージすれば金額情報がカードに書き込まれますね。

楽天キャッシュは、この”現金をチャージする作業”が全部スマホ(オンライン)でできます。

そして交通系カードは決済対象が運賃や切符代ですが、楽天キャッシュの対象は楽天サービスや楽天の提携企業サービスとなります。

楽天キャッシュが使えるお店・サービス

楽天キャッシュは楽天ペイマークのあるお店で使えます。

楽天キャッシュHPより引用

また、ネットでの買い物で使えるお店とサービスは以下の通りとなります。

楽天キャッシュHPより引用

楽天キャッシュと楽天ペイと楽天Edyは何が違うの?

  • 楽天キャッシュはお金の出どころ
  • 楽天ペイは支払い方法を管理するアプリの名前
  • 楽天Edyは楽天ペイに含まれている支払い方法の一種

ここが分からなくなる方が多いのではないでしょうか。

なめくじ

正直ちゃんと調べるまでは私も良く分かんなかったです

楽天サービスのお金の動きを整理すると以下の図のようになります。

多少簡略化していますが、かなり理解しやすくしていますのでぜひ参考にしてください。

楽天サービスのお金の動き

楽天キャッシュは、楽天銀行や楽天カードから先に入金しておく電子プリペイドカードです。

ただし楽天キャッシュから楽天Edyに入金することはできません。

あくまで楽天内の別決済サービスと考えたほうが良さそうです。

楽天ペイというスマホアプリには各種の電子決済サービスが入っていますが、その内の楽天Edy以外では楽天キャッシュを使用することができます。

楽天Edyとそれ以外(楽天キャッシュ利用)の決済方法では対象店舗や対象サービスが異なることに注意してください。

なめくじ

ちなみに楽天ペイ(Edy以外)の方が圧倒的に使える店舗数が多いです

なんでこんなややこしいことになってるの?

元々楽天Edyは『Edy』という名前で別企業が運営していたものを楽天が買収しました。

そしてEdyを楽天ペイというサービスに合体させたので、「同じアプリ内に別系統の決済サービスが含まれている」というややこしいことになっています。

なめくじ

楽天グループが便利になるよう成長した結果、生まれた歪みだったんですね

楽天キャッシュを活用するとどれくらいお得?

楽天キャッシュのポイント還元率は1.0-1.5%となっています。

最大限お得に活用しようと思えば「楽天カードから楽天キャッシュをチャージして支払い」の1.5%還元がお勧めです。

しかも楽天ポイントカード加盟店であればポイントカード提示によって更に1%が上乗せされ合計2.5%還元になります。

楽天キャッシュへのチャージには以下の通りに上限が設けられています。

これを元に理論上の最高ポイント還元をまとめると以下のようになります。

  • 楽天キャッシュは月最大10万円までチャージ可能(0.5%)→月最大500P
  • 楽天キャッシュ利用決済は月最大50万円(1%)→月最大5000P
  • 楽天ポイント加盟店で全て支払い(1.0%)→上限なし

楽天キャッシュに月10万円チャージし、ポイント加盟店にて全て楽天キャッシュ利用決済→月最大2500P

  • 楽天キャッシュは月10万円までチャージ可能(0.5%)→月最大500P
  • 楽天キャッシュ利用決済は月最大50万円(1%)→月最大5000P
  • 楽天ポイント加盟店で全て支払い(1.0%)→上限なし

楽天キャッシュに月10万円チャージし、ポイント加盟店にて全てキャッシュ利用決済→月最大2,500P(最大効率)

楽天キャッシュ利用決済と楽天Edyではどちらがお得?

楽天Edyでは支払い時に0.5%(残高上限5万円)、楽天カードからのチャージ時に0.5%(回数制限なし)、ポイントプラス加盟店での支払いであれば0.5%の合計最大1.5%還元となります。

ですので効率よくポイ活をしたいのであれば、以下の手順になります。

月10万円までは楽天キャッシュ決済し、以降はEdy決済する

最後に

  • 楽天キャッシュと楽天Edyは別系統の電子プリペイドカード
  • 楽天キャッシュと楽天Edyの併用は不可能
  • 「月10万円のキャッシュ決済で2,500Pゲット、以降はEdy決済」が最得

いかがだったでしょうか。

実態が把握しづらい楽天キャッシュ、そして楽天ペイや楽天Edyとの違いについてご理解いただけたのではないでしょうか。

楽天グループは楽天キャッシュに力を入れていて、その分還元率が高くなっています。

まだ使っていない方はぜひ楽天キャッシュを使ってお得にお買い物をしましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
なめくじ
なめくじです!2021年に起業して年商2,200万円達成。2020年からの投資270万円で60万円の含み益を出しています。