節約

【脱・現金】これからの夫婦のデジタル家計管理法!

夫婦間での家計管理方法のお悩みの方にご提案です。

夫婦共同の銀行口座を開設してみませんか?

共同口座があれば一度設定するだけで管理も簡単!2人とも出入金をチェックできます!

キャッシュレスの時代だからこそ、ネット銀行を含めたデジタル家計管理をおすすめします。

興味がありましたらどうぞ記事をお読みください。

おすすめ読者

夫婦共同の銀行口座を作るメリット

  • お互いの口座から毎月決めた金額を自動で振り込める
  • 毎回現金を下ろしてやり取りする必要が無くなる
  • アプリでお互いに出入金明細をバッチリ把握できる
  • 家計簿をデジタル化することが可能

お互いの口座から毎月決めた金額を自動で振り込める

共働きの夫婦は、会社指定の銀行を使っていたり独身時代からそのまま使っている口座などお互い違う金融機関を使っていることが多いと思います。

メガバンク同士ならまだしも地方銀行や信用金庫を使っていたりすると毎回手数料を取られたりして何かと連携を取りにくいものです。

それに夫婦間とは言え、お互い何にどれだけ使ったのかを内緒にしたいこともありますよね。

そんな時は夫婦共同の銀行口座を作ることをおすすめします!

夫婦共同の口座があれば、定額自動入金サービスを使って毎月自分が決めた金額だけ個人の口座から自動で入金されるようにできます。

共同口座のイメージ

毎回現金を下ろしてやり取りする必要が無くなる

給料日にお互いお金を下ろして、家で各種支払い用に振り分けて…現金でやり取りするのって大変じゃないですか?

今は行政機関の支払いですら口座引き落としに出来る時代です。

夫婦の共同口座を作って、各種支払いは全て共同口座から引き落とされるように変更してしまいましょう!

どっちが今月いくら払ったなんて煩わしいやり取りもなくなりますし、家計管理を自動化さえしてしまえばめちゃくちゃ支払い管理もとても楽になります。

クレカ払いが可能なものであれば、夫婦の共同口座に紐付けされたクレジットカードを作成して「支払いついでにポイ活」なんてこともできちゃいます。

更に言えばクレジットカードも家族カードで2枚目を作っておけばお互い1枚ずつ持って、必要な支払いは全てクレジットで済ませることも可能です。

「会社帰りにお惣菜買ってきて〜」とか、「美容院ついでに車のガソリン入れといてあげよう」なんてことができるのは便利ですよ。

なめくじ

お互いに1枚ずつ持っているってとこがポイントです。1枚しか無かったらどっちかに現金支払いが発生してアナログ生活に逆戻りです

アプリでお互いに出入金明細をバッチリ把握できる

銀行アプリを使えばお互いにいつでもスマホで口座への出入金履歴を確認できます

お互いに出入金を意識すれば夫婦のマネーリテラシーが同じレベルになってお金の話をしやすくなりますよ。

それにパートナーがこっそり高額なクレジットカード支払いを続けていて…なんてことも防げるかも?

家計簿をデジタル化することが可能

共同口座に紐付けされたクレジットカードで生活費を支払ったり口座引き落としを徹底すれば、家計管理アプリで家計簿をデジタル化することが可能になります

もうノートとレシートを睨めっこして家計簿をつけるのは終わりにしていいんです!

うちの家計簿はスマホアプリで一発。

これでいいんです。

最後に

なめくじ夫婦は実際にもう4年以上共同口座での家計管理を実践しています。

参考までに書くと、共同口座をSBI銀行で作って個人口座は別のSBI銀行口座楽天銀行口座をそれぞれ使っています。

以前はなめくじは個人用で三井住友銀行を使っていたのですが、証券口座を作るに当たってSBI銀行に移行して今に至っています。

それにしても本当に現金を支払うことも現金を下ろすことも少なくなりました。

今から現金生活に戻るのは面倒すぎて無理ですね💦

夫婦の家計管理で、特にめんどくさがりのあなたにはぜひ夫婦の共同口座を作りことをおすすめしますよ!

なめくじ

あまりに現金を使わないせいで、夫婦ともに財布の中に現金が1.500円しかない!みたいな状況が時々起こります。中学生カップルみたいですね

ABOUT ME
なめくじ
なめくじです!2021年に起業して年商2,200万円達成。2020年からの投資270万円で60万円の含み益を出しています。