雑記

【SESAME4】スマートロックはこれで決まり!Qrio Lockと比較

スマイルくん

SESAMEを買ってもらって収入は1円も発生しないからな

なめくじ

いいんです。なめくじなりの正義があるのです

本記事の対象読者
  • スマートロックの購入を考えている
  • SESAME4とQrio Lockの実際の使用感を知りたい

スマートロックを使いたいけど何を選ぶべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

著者のなめくじは2年前からQrio LockとSESAMEを両方とも使ってきました。

実際に両方使っているユーザーがどちらをお勧めするか気になりますよね。

その根拠も含めて忖度無しでレビューしますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

著者紹介:投資歴2年/つみたてNISA/米国ETF/日本個別株/仮想通貨に投資中/個人事業主/FP3級

結論

  • 2022年7月現在ではSESAME4の圧勝
  • Qrio Lockは環境によってオート解錠がほぼ作動しない
  • 価格が安いSESAME4が初めてのスマートロック導入に向いている

スマートロックとは

まずはおさらいです。

スマートロックとはスマホなどの端末を使って開け閉めが可能な電子鍵のことです。

スマイルくん

現在はほぼスマホが利用されている

遠隔操作以外にもオートロックやオート解錠(手ぶら解錠)機能が備わっているため、毎日の鍵の開け閉めが一切要らなくなります。

なめくじ

ホテル客室のオートロックの進化版と思ってください

スマートロックは生活を変える

「たかが自動施錠・解錠程度で何が変わるの?」と思う人がいるかもしれません。

しかし1ユーザーとして「生活の質が間違いなく変わる」と敢えて断言します。

なぜなら日常生活で繰り返し行われる動作ほど、少しの改善が大きな影響を及ぼすからです。

従来通りの施錠と解錠は、各5秒・毎日1回ずつ行うとすれば人生70年でおよそ71時間を必要とします。

つまり我々は人生のうち71時間はひたすら鍵を開け閉めし続けている訳です。

こんな不毛な時間はもう要りません。

明日からスマートロックを導入して、鍵の開け閉めという動作から解放されてください。

なめくじ

1回経験するだけで、無駄な時間を使っていた事実に気づけます

SESAMEとQrio Lock

さてそんなスマートロックについて調べると、「SESAME」と「Qrio Lock」の2ブランドが有名であることに気付きます。

両者はどのような差があり、どちらがより優れているのでしょうか?

結論から言うと「SESAME」です。

スマイルくん

ただし環境によって使い勝手が逆転する可能性はゼロではない

本記事では両者の性能を比較レビューしていきます。

ちなみに著者のなめくじは2年前からQrio LockとSESAMEを同時に使い始め、先日Qrio LockをSESAMEに変更しました。

なめくじ

職場と自宅の2ヶ所で使っています

なぜこういった経緯を辿ったかも踏まえ、リアルな感想をお伝えします。

SESAME4とQrio Lockの性能比較

SESAME4とQrio Lockには様々な性能差があります。

SESAME側に分かりやすい比較表がありますので、参考にしてください。

スマイルくん

決して手抜きではない

なめくじ

そうそう、ここに載せるより見てもらった方が早いので…本当ですよ!

公式ページの表にQrioの名前を出すあたり、対抗意識を燃やしまくっていることが分かります。

スマートロックを使い始めた経緯

なめくじ夫婦は共働きですので、自宅をスマートホーム化して家事を時短しています。

その一環としてスマートロックを導入したのですが、まずはQrio Lockを選択しました。

スマイルくん

当時もSESAMEとどっちにするか悩んでいたな

しかし実際に使ってみると、毎日出勤するなめくじのスマホではオート解錠がほとんど作動せず、もやもやした気持ちになっていました。

なめくじ

妻のiPhoneでは比較的作動しますが、彼女はリモートワークです…

次いで職場にSESAMEを導入したところ、オート解錠がかなり精度よく作動してくれました。

Qrio Lockも安い買い物ではなかったためになんだかんだ使っていましたが、1年半経過時点でとうとう粘着テープがヘタレてきました(後述)。

粘着テープを買い直しても使い勝手が改善する訳ではありませんから、とうとうSESAMEに買い替えをしたというのが今までの経緯です。

Qrio Lockから乗り換えた感想

Qrio LockからSESAME4に乗り換えた感想を一言で表せば「快適」です。

快適ということはQrio Lockに対し不満があった訳ですが、それを順に説明していきます。

オート解錠が反応しない問題

Qrio Lockの唯一にして最大の欠点は「オート解錠が反応しない問題」です。

体感的には100回のうち2〜3回しか反応しません。

スマイルくん

使いもんにならんな

もしかすると、なめくじがスマホとしてGoogle Pixel(3a→6pro)を使っているせいかもしれません。

iPhone13proを使用している妻はどうでしょうか?

オート解錠成功率を聞くと「半分以上は開くよ?」ということです。

なめくじ

使いもんになりませんね

ちなみになめくじ邸の環境はRC造で、玄関扉はそれなりに重厚なスチール製です。

よってBluetoothが玄関扉で遮蔽されて反応していない可能性があります。

スマイルくん

SESAMEはきっちり反応するけどな

それ以外はほとんど問題無し

Qrio Lockのオート施錠はしっかり動作しますし、使えるキー形状も十分に幅広いです。

つまりその他に目立った欠点はありません。

本当に”オート解錠だけ”が”致命的にアウト”なのです。

なぜオート解錠に反応しないのが不満なのか

オート解錠はオート施錠と並んでスマートロックの重要な機能の一つです。

オート解錠があれば、例えば荷物で両手が塞がっている時でも簡単に自宅に入ることが可能になります。

逆にオート解錠が反応しない場合は、以下のような解錠操作が必要となります。

  1. スマホを取り出す
  2. アプリを起動する
  3. アプリで解錠操作をする
  4. ドアを開ける
なめくじ

正直言って物理キーでの解錠より時間がかかります

スマイルくん

アプリ操作の反応も悪いしな

NFCタグ(iPhoneで使用可能)は使ったことがありませんが、こちらの記事(ちょっと古いですが…)によればタグを反応させてもアプリが立ち上がるだけだそうです。

結局アプリでの解錠操作が必要になるので、あまり意味のある機能とは言えません。

SESAME4の反応は…?

SESAME4の反応はどうでしょうか?

なめくじ

と言っても職場で使っているんで知ってますけどね

オート解錠の反応はバッチリで、ズバリ快適です。

問題となるオート解錠成功率は体感で95%以上です。

これくらいの成功率であれば、十分に実用的と言えます。

スマイルくん

早く100%の精度にしてくれ

SESAME4の強み

オート解錠の成功率については先にご説明した通りです。

それ以外のSESAME4の強みについても解説していきます。

①本体が軽い

正直言って本体が軽かろうが多少重たかろうが動作に影響はありません。

しかし粘着テープの劣化には影響を及ぼします。

両者ともに強力な付属の粘着テープによって、本体を玄関扉へと接続します。

よって本体が重いほど自重による粘着テープを引き剥がす力が強くなります。

自宅で使っているQrio Lockは1年半程度経ったところでテープでの固着が緩くなりました。

なめくじ

なめくじ家は気密性が高いので、換気扇使用による陰圧も影響しました

粘着テープ劣化メカニズムの模式図

固着が緩まると本体と扉ツマミへの接続が悪くなって空回りしだします。

スマイルくん

要は「動作はするけど鍵は開けられなくなる」という状態や

ホームセンターに行って新しい粘着テープに交換すれば問題は解消しますが、本体が軽ければそもそも問題は起きません。

本体の重さに関しては、軽いSESAMEが優位と言えるでしょう。

②サポートの情熱が異常

スマートロックは外部機器のため、鍵の形状によっては取り付けられない場合があります。

しかしSESAMEはアダプター(特殊な接続器具、別途¥600 が必要)を3Dプリンターを用いてオーダーメイドで製造してくれます。

なめくじ

なめくじは職場用で実際にやり取り済みです

なめくじが製造してもらったアダプターは残念ながら精度がいまいちでした。

スマイルくん

そもそも対象外の鍵へのアダプターを無理言って作ってもらったからな

しかし担当者からは「追加料金は要らないのでもう1回作らせていただけませんか」と熱い案内を頂きました。

また、(なぜかアメブロ:外部のブログサービスを使って)徹底的なQ&Aを作成しています。

CANDYHOUSE(SESAMEの会社)からは「ウチの商品で悪いUXは絶対に許さない」という暗い情熱を感じます。

以上のように、SESAMEのサポート体制は良い意味で異常です。

③価格が安い

SESAMEは非常に優れたアイテムであるにも関わらず、進化するたびに値段が下がっていきます。

なめくじ

ちょっとどうなってるのかよくわからないですね

例えばQrio Lockの公式価格は¥25,300ですが、SESAME4は7/15現在で¥5,478です。

遠隔操作用のモジュール込みでも¥34,980 vs ¥8,756ですので、価格面では比較したら失礼なレベルで優位です。

スマイルくん

完全にスマートロック業界の覇権を取りにいっている

Qrio Lockを検討しても良いパターン

現状では正直SESAME4の下位互換にしかなりませんが、Qrio Lockを使いたい場合は以下の条件をクリアすることをお勧めします。

  • すでにSESAME4を導入済みでイマイチだった
  • 玄関扉が木製もしくはガラス製(多分かなり重要)
  • iPhoneユーザーである(少なくともGooglePixelユーザーは×)
  • 高齢者や子供向けに物理ガジェットが欲しい
スマイルくん

決して悪い商品では無いんだがな…

なめくじ

Qrioさんにはぜひ製品改良で巻き返して欲しいです

最後に

いかがだったでしょうか。

実際に両者を使ってみた感想としてはSESAMEの圧勝です。

アフィリエイトブログとして正直に言えば、Qrio Lockを推したいところです。

しかしさすがにこのレベルで差があると、「どちらも良い商品ですので大差無いですよ」なんてことは言えません。

スマイルくん

SESAMEを買ってもらって収入は1円も発生しないからな

なめくじ

いいんです。なめくじなりの正義があるのです

いいですか?今からとても大切なことを言いますね。

2022年7月現在では、両者で悩んだ場合は必ずSESAME4を買ってください。

  • 2022年7月現在ではSESAME4の圧勝
  • Qrio Lockは環境によってオート解錠がほぼ作動しない
  • 価格が安いSESAME4が初めてのスマートロック導入に向いている
ABOUT ME
なめくじ
なめくじです!2021年に起業して当期は年商3,000万円見込み。2020年からの始めた投資の合計は400万円弱あります。なお含み益。