【らーめん】茨木市の「麺燦燦」の実食レポート【朝ラーも可】

雑記
スポンサーリンク

どうもなめくじです。

本記事は、2023年8月に行ってきた茨木市駅近くのラーメン屋「麺燦々」さんの実食レポートです。

素人舌ですが、皆様の参考になれば嬉しいです。

個人事業主:年商3,000万円
金融資産:1,800万円(株660万円)
投資内容:投資信託/米国ETF/日本株/仮想通貨
収益率:30%(3年2ヶ月)
資格:FP3級

なめくじをフォローする
宅麺
スポンサーリンク

麺燦燦の塩らーめん

早速ですが実食レポです。

頼んだのは、お店おすすめの「塩らーめん¥850」+「替え玉¥150」(全て税込)です。

スープは玉ねぎの甘さがトップにくる、穏やかな味わいです。

見た目には脂のくどさを感じそうですがそんなことはなく、むしろ上品めの塩らーめんといった具合です。

塩分濃度は割と低めのようで、しょっぱさが苦手ななめくじでもスープを完飲できそうな味わいでした。

麺は細麺で小麦の香りは弱く、穏やかなスープの味わいを邪魔しないものを選ばれているなと感じました。

なめくじ
なめくじ

盛岡冷麺とか低糖質麺に近い食感ですね

あと個人的に好きだったのはチャーシューで、薄め大判のものが2枚乗っています。

豚の嫌な主張が一切なく、また低温調理の中では熱を多めに通されており、安心して美味しく食べられます。

替え玉はしっかりと一人前で、らーめん好きの男性だとらーめん+替え玉1回でちょうど良い量ではないでしょうか。

おすすめシーン

割と上品かつあっさり目に仕上がっているので、女性ウケするように感じます。

なめくじ
なめくじ

行った時はカップルでの来店が多い印象でした

近くにイオンがあるので、お買い物ついでのお昼ご飯に足を運ぶのがいいかもしれません。

また「麺燦燦」さんの最も大きい特徴は「朝ラーメン」が出来ることです。

よって夜勤帰りの方が「らーめん食べたいけどコッテリはしたくないんだよなあ…」という状況にはピッタリだと思います。

また、”土日を朝ラーから始める”というのも素敵じゃないでしょうか。

メニュー

メニューはとてもシンプルで、提供するらーめんへの自信が伺えます。

このご時勢でらーめん¥1,000切りは、頑張っていらっしゃると思います。

2023年8月現在では、夏季限定の「冷たい塩らーめん」も提供されています。

店舗情報

  • 麺燦燦(めんさんさん)
  • 大阪府茨木市園田町5−3 ヤマムラビル 1F
  • GoogleMap
  • 阪急茨木市駅から徒歩10分くらい
  • 08078930659
  • 月・火定休 
  • 水〜金:7:00〜10:00、11:30〜14:30
  • 土日:7:30〜14:30
  • 駐車場:店舗のものは無し、近隣にイオン用駐車場有り

行列情報

なめくじが見る限り、朝ラーではまず並ぶことは無いです。

しかし土日のお昼時は、数人単位の行列ができるのは想定しておきましょう。

提供も回転も早いので、数十分並ぶということは無いと思います。

宅麺

コメント

タイトルとURLをコピーしました